分業することで信頼性アップを図る

オンラインカジノの運営会社を知っておく

オンラインカジノの運営会社を知っておく

オンラインカジノは海外の業者が運営をしている海外ではメジャーな娯楽の一つです。
日本の公営ギャンブルと違い、国内ではその業者の詳細についてあまり知られていません。

悪質な業者も多い中で、どのような運営会社がオンラインカジノを運営しているのかという点は気になるところですし、オンラインカジノをこれから始めるにあたって運営会社は何者なのかということを知っておきたいところです。

そこで、オンラインカジノの運営とその仕組みについて具体的に見ていきましょう。

オンラインカジノの詳しい仕組みとは

オンラインカジノの仕組みについてですが、私達プレイヤーを含めた複数の機関や企業によって成り立っています。
オンラインカジノは私達プレイヤーがチップを購入してゲームをプレイし、そしてゲームに勝つことが出来れば、お金が支払われることになります。

オンラインカジノを運営しているのが運営会社です。
運営会社が、オンラインカジノ全体のプログラム運営を行い、そしてプレイヤーへのサービスやサポートを提供しています。

しかしながら、オンラインカジノのゲームのプログラムを開発しているのは、実は運営会社ではなく専門のソフトウェア会社です。
ゲームシステムを開発し、そしてライセンス契約を結ぶことでオンラインカジノへとゲームを提供しています。

オンラインカジノの決済の管理や資金の管理を行っているのが決済会社です。
決済会社は、オンラインカジノとプレイヤーの間に入り、仲介を行っています。
決済の管理や資金の管理を行い、資金の流れや精算の管理をしています。

オンラインカジノへとライセンスを発行しているのが合法国の政府です。
運営許可を出し、そして許可証としてライセンスを審査後に発行しています。
ライセンス取得後もけしてそれで終わりではなく、定期的にチェックするための外部の監査機関があります。
第三者の監査機関によってオンラインカジノは、定期的に抜き打ちでその公平性や信頼性がチェックされています。

オンラインカジノはこのような仕組みとなっており、さまざまな企業や機関が運営に関わっているのです。

オンラインカジノとライセンス制度

オンラインカジノとライセンス制度

オンラインカジノは、ライセンスが発行されなければ運営できないという仕組みになっています。
1994年にオンラインカジノが登場した際に、オンラインカジノへライセンスが発行される旨の法律が制定されました。
それをきっかけにライセンスが発行されるようになり、オンラインカジノのライセンスを合法国が発行しています。

オンラインカジノのライセンスを取得するためには、審査をクリアする必要があり、非常に厳しい審査をパスし、合格した際にはライセンス料を支払います。
オンラインカジノの審査はとても厳しく、公平性や安全性はもちろん、運営できる状態なのかどうか企業の事業内容や経営状況なども審査されることになります。

ライセンスの審査基準は合法国によって異なりますが、安全性の証としてライセンスは存在しています。オンラインカジノを選ぶ際には、ライセンスを取得しているか否かで選ぶようにしましょう。
オンラインカジノのライセンス合法国の中でも、審査が厳しく信頼性が高い国として、マルタ共和国、イギリス、マン島、ジブラルタル、キュラソーなどがあります。
審査基準が高い国のライセンスを取得しているほど、オンラインカジノの信頼性は高いことになります。

オンラインカジノのソフトウェアとその安全性

オンラインカジノへとソフトウェアを提供しているのがゲーミングソフトウェア会社の存在です。
オンラインカジノのソフトウェアを開発し、そしてライセンス契約を結んでいます。
信頼性の高いオンラインカジノのソフトウェア会社として、マイクロゲーミングやプレイテックがあります。
これらのソフトウェアは人気を集めており、操作性やゲーム性も高く、公平性も確立されています。

人気の高いソフトウェア会社を採用しているということは、それだけオンラインカジノにおいてのゲームも公平であるという証になります。

第三者である監査機関による監査とは?

第三者である監査機関による監査とは?

オンラインカジノは定期的に第三者である監査機関から監査を受けています。
定期的に監査機関による監査によって公平性や安全性、そしてペイアウト率やサポートの状況などをチェックされています。
ここで不正があれば、データは公表されて、ライセンスも剥奪されてしまいます。
身内同士での監査の場合信頼性は低いですが、完全に第三者の監査になりますので、その信頼性はお墨付きです。

以前までは、運営会社とプレイヤーの間に明確なルールというものがなく、トラブルになってしまうこともありましたが、このような監査機関の存在によって、項目に沿って細かいチェックが行われるようになり、安心できるようになっています。
「イーコグラ」「TST」などの団体が主な監査機関ですが、認定を受けているかどうかを事前にチェックしておくことで安心できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です