オンラインカジノのボーナスはもらうべきか?

オンラインカジノのプレイヤーが悩むところの一つに、ボーナスを貰うか貰わないかという選択があります。
普通に考えたらもらった方が得だと思いますが、ボーナスをもらうということは、お金を払い戻す際に最低賭け金額をクリアしなければいけないという条件が発生してしまいます。そしてこの金額は倍率によってはなかなかシビアなものになってきます。そこで今回は、ボーナスともらうほうがいいのか、それとももらわないほうがいいのかという計算をしてみたいと思います。ただしあくまでも仮の計算なので、参考程度にしてもらえたらと思います。

ボーナスの条件

今回計算をする元となるボーナスの条件を仮定します。
入金額の100%ボーナスで、最低賭け条件は20倍とします。金額の蓄積割合は、スロットが100%、ブラックジャックが10%だとします。そして、スロットのペイアウト率が50%、ブラックジャックのペイアウト率が97%だとします。そして、軍資金は1000ドルです。この場合、ボーナスをもらってブラックジャックでゲームをした場合と、スロットでゲームをした場合のそれぞれの期待値を計算してみます。

ブラックジャックでゲームをした場合

1000ドルをまず入金します。すると、100%のボーナスなので、1000ドルがプラスでもらえます。合計2000ドルになります。そして最低賭け金額はこの20倍なので、4万ドルということになります。4万ドルをブラックジャックで蓄積させるのであれば、賭けなければいけない額は、その10倍のため40万ドルになります。
期待値は、その97%なので、38万8000ドルとなります。1万2000ドルの負けとなり、ボーナスでもらった1000ドルを、1万1000ドル負けが上回ります。

スロットでゲームをした場合

途中まではブラックジャックの場合と同じです。合計4万ドルを全てスロットに費やしたとします。ペイアウトは50%なので、期待値は2万ドルになります。2万ドルのマイナスとなります。もらった1000ドルのボーナス金額を、1万9000ドルも上回ってしまっています。

計算上ボーナスはもらわないほうがいい

今回のような条件でもしボーナスをもらおうと考えている方がいたら考え直した方がいいかもしれません。しかしギャンブルですので、何が起こるかわからない部分はありますし、ペイアウトの割合や、最低賭け条件の倍率なども変わってくるでしょう。様々な角度から考えると、ボーナスを使った方が良い場合もあると思います。今回の計算はあくまでも参考として使ってみてください。