オンラインカジノは開始手続きに手間のかかるギャンブル

オンラインカジノを、日本で楽しめる他のギャンブルと比較すると、開始するまでにやや手間がかかるという特徴があります。
パチンコやスロットは、台にお金を挿入すれば即スタートできます。また、競馬は馬券を買えばスタートになりますし、宝くじも、宝くじを購入した時点でスタートになります。
そこで必要になってくる手間は、競馬の場合、「予想する」という別の手間は加わりますが、物理的な手間としては、「財布からお金を出して馬券や宝くじを購入する」という手間だけになります。
しかし、オンラインカジノの場合はそれ以外にも様々な要素が絡んできます。
まずは、インターネットバンキング口座を開設しなければいけません。オンラインカジノは外貨を扱うため、外貨預金が可能な口座が良いでしょう。そして、各オンラインカジノが提携している決済会社に入金する必要があります。そして自分のアカウントをオンカジに登録し、そこから更に自分がそのオンラインカジノにお金を入金してチップを購入。そこからようやくゲームがプレイできるようになるという流れです。そのため、思い立ったときにすぐに始められるというタイプのギャンブルではありません。

オンラインカジノには年齢制限がある

パチンコや競馬に年齢制限があるように、オンラインカジノにも年齢制限は存在します。そして、この年齢制限は、見た目が老けているからパスできるというようなものではなく、身分証明書によって厳密に年齢を確認されてしまうので、ごまかすことはできません。多くのカジノは18歳未満の使用を禁止していますが、中には20歳未満の使用を禁止しているという年齢制限のカジノも存在しますので、18歳以上、20歳未満の方はそのカジノの年齢制限を確認しておく必要があります。

オンラインカジノに必要な軍資金

オンラインカジノで遊ぶためには、ある程度の軍資金が必要です。1000円や2000円では、すぐになくなってしまう可能性があり、そのような少額のために様々な手間をかけてインターネットバンキング口座を開設したり、決済会社にお金を入金したりということはもったいないので、少なくとも1万円や2万円は軍資金を準備しておいた方が良いでしょう。ある程度本気で遊びたいのであれば、10万円程度は軍資金として用意しておいた方が良いです。
そして、オンラインカジノが用意するボーナスという制度を効果的に活用して勝ちを得たいのであれば、さらに大きな額の軍資金を用意しておかなければいけません。
まずは少しの軍資金である程度遊んでみて、オンラインカジノ肌に合うようであれば、一気に大金を入金するという。方法がお勧めです。