オンラインカジノで逮捕者が出た?

オンラインカジノは、日本国内でも楽しめるカジノゲームの一つとして、利用する人の数も増えてきました。日本人向けに、エヴァンゲリオンなどのアニメとコラボレーションしたゲームも開発されたりしています。
しかし、そんな中で、2016年3月、「スマートライブカジノ」というオンラインカジノの利用客の中から逮捕者が出てしまいました。これまで、オンラインカジノは法律の網の目をかいくぐって、合法でも違法でもなく、楽しめるギャンブルであると認識されていましたが、その認識が覆されてしまった可能性があるのです。
その時は、三名の利用者が逮捕されてしまったのですが、その逮捕者が出てしまった理由を探っていこうと思います。
大きく分けると、スマートライブカジノで逮捕者が出たのには三つの理由があります。

日本人向けに特化したサービスだった

スマートライブカジノは、利用客のほぼ全員が日本人であり、画面上に出てくるディーラーも日本人、チャットで交わされる会話の内容も全て日本語でした。このことから、サーバーが海外に置かれていたとしても、完全な日本人向けのカジノであると警察から認識された可能性があります。

BET金額が公開されているシステムだった

スマートライブカジノでは、他のプレイヤーがどのゲームにいくらかけているのかという掛け金を見ることができました。もちろん、自分がプレイヤーとして賭けを行えば、そのBET金額も周りに公開されます。そのため、もしスマートライブカジノのアカウントを警察が取得して実際には欠けを行わずに、参加者が実際にお金をかけてゲームをしているのかという動向だけをさぐろうと思えば探ることができたのです。

自分がオンラインカジノで遊んでいるということをブログに書いていた

逮捕された三名の方は、いずれも自分がオンラインカジノでプレイしているということを自分のブログで公開していました。しかもそのブログの中には、本人のIDが入っているスクリーンショットの画像まで掲載されていました。つまり、警察からすれば「同じIDを持つプレイヤーがお金をかけてゲームをしていれば、逮捕することができる」と考えたのでしょう。

警察からの牽制の可能性も?

このスマートライブカジノで逮捕者が出た事件は、結局有罪にはならず、不起訴に終わりました。やはり、明確にそれが賭博法違反であるということは現在の法律では立証できないようです。しかしそれでも逮捕したというのは、これだけ利用客が増えたオンラインカジノに対して警察が牽制を入れたのだという考え方もできます。